高血圧改善フォーラム > 高血圧改善フォーラムについて | 理事長あいさつ

理事長あいさつ

NPO 高血圧改善フォーラム理事長 楽木 宏実

NPO 高血圧改善フォーラム理事長  楽木 宏実

NPO「高血圧改善フォーラム」(通称:hytek)は、IT(情報工学)を活用した新しい技術や仕組みにより、より正確で、効率的、継続性の高い血圧管理を、医療を通じて実現し、国民の血圧コントロールに貢献するために設立されました。皆様ご存知のように、高血圧は脳や心臓、腎臓をはじめとする様々な臓器に多大なダメージを与え、私たちの健康な生活を奪い、命を脅かします。また、高齢者がかかりたくない病気の第一位とされる認知症が高血圧で起こりやすくなること、早期からの高血圧治療によって認知症の発症を抑えられそうなことも分かってきました。このように、高血圧予防や血圧管理は、様々な意味で私たちの健康維持に不可欠なものです。

しかし残念ながら、日本人の血圧は充分コントロールされているとはとても言えません。
国内で4,300万人と推定される高血圧者のうち、受診する人は半数、治療を継続する人はその半数、満足な治療効果が得られている人は、さらにその半数とされています。
つまり、充分な血圧コントロールのためには、高血圧を持つ方にまず治療を開始して頂き、それを継続して頂くことが出発点です。
そのために当NPOは、血圧管理の重要性を国民に発信して行くと同時に、一人一人異なる血圧の状態や治療効果を、患者さんと医師が分かりやすく、正確に共有できる仕組み作り、診療指針に沿った効果的な治療を支援する仕組み作りに取り組んで参ります。

高血圧の診断や血圧管理において、今では家庭血圧が非常に重視されています。
その理由は、診察室で測る血圧だけでは血圧の動きを完全に観測できないこと、家庭血圧の方がはるかに多くの測定機会があり、日々の身体の状態をより正確に反映するからです。
当NPOが目指す仕組みは、家庭血圧とITを中心において、自己測定された日々の血圧・脈拍データを正確、簡便に伝送・蓄積し、患者さん一人一人の血圧変動の特徴を目に見える形で分かりやすく医師に伝えます。
また、関連学会の診療ガイドラインの推奨内容を適材適所、使いやすく提供することによって、継続性の高い個人最適な高血圧診療を目指します。当NPOを支えるのは、世界の高血圧治療をリードする専門家の委員ばかりです。
最新の研究成果に基づいて、新しい高血圧診療を拓く当NPOの趣旨に、お一人でも多くの皆様が賛同下さり、ご自分の血圧管理、国民の心血管リスク抑制に貢献頂けるよう、心よりお願い申し上げます。

NPO 高血圧改善フォーラム理事長  楽木 宏実

TOP